図書館豆知識 7

図書館の質問回答業務「レファレンス」を利用してみませんか。調べものや気になることは、気軽にお尋ねください。

※レファレンスには、宿題・課題、法律や医療相談、鑑定、個人のプライバシーに関わる調査など、図書館ではお答えできない内容もあります。ご了承ください。
※これまでに出雲市図書館で実際に受けた質問の中から一部を紹介します。(個人が特定できないよう、内容を一部編集・加工しています。)調べものの参考にしてください。

 

質問 昔、多伎町久村に陶芸があり、伊万里焼の流れを汲んでいると聞きました。どのような陶器なのでしょうか。
回答

 江戸時代後期、文政3年(1820年)頃、長澤山唐津屋谷に久村の3名が窯を築き、「久村焼」の銘を入れた陶器を焼いていました。これが「久村焼」で、「長澤焼」とも呼ばれています。
 文政末(1830年)頃、伊万里焼の流れを汲んだ陶工、木村甚兵衛(きむらじんべえ)が職工長として指導にあたり、藍の染付磁器を製造することになりました。
   この磁器は、乳灰色を帯びた白い磁体に呉須(ごす)というコバルトブルーの染料で絵付けをしています。絵付けは主に山水画で、皿や椀、花瓶、徳利、手あぶり(手をあぶるための小型の火鉢)などがあります。甚兵衛は山水画が得意で、甚兵衛が絵付けをした上物は「長沢山木村製」と銘が入れてあるそうです。
 後に松江藩藩営の窯となり、立派な作品が産出され、高い評価を受けました。この窯は天保7年(1836年)に閉鎖され、八束郡意東村に移管され、弘化元年(1844年)に廃窯となったそうです。窯跡は昭和34年(1959年)に県指定史跡となり保存されています。

参考文献

『木村甚兵衛と久村(邑)焼』(木村甚兵衛の墓石と顕彰石碑の移転建立を推進する会 発行)
『久村の歴史』(久村築連合自治会 発行)