図書館豆知識 16

図書館の質問回答業務「レファレンス」を利用してみませんか。調べものや気になることは、気軽にお尋ねください。

※レファレンスには、宿題・課題、法律や医療相談、鑑定、個人のプライバシーに関わる調査など、図書館ではお答えできない内容もあります。ご了承ください。
※これまでに出雲市図書館で実際に受けた質問の中から一部を紹介します。(個人が特定できないよう、内容を一部編集・加工しています。)調べものの参考にしてください。

 

質問(1) 「一富士、二鷹、三茄子」ということわざの由来が知りたい。特に「二鷹」の「鷹」は、「愛鷹山(あしたかやま)」だと聞いたことがあるが、本当にそのような謂れがあるのか。
回答

「一富士二鷹三茄子」ということわざは、初夢に見て縁起が良いものを順に並べたものとして、江戸時代頃から言われだしたものです。

本来は、駿河の国のことわざで、駿河の名物の順に並べたという説があります。一方、「鷹」が鳥の鷹ではなく、駿河の国の愛鷹山(あしたかやま)の通称としてあげられているという説もあります。

それは、徳川家康がそのゆかりの地、駿河の国を代表する高いものを順にあげたとする説です。一番の富士は、日本最高峰の霊山富士、二番の鷹は駿河で2番目の高さで富士山の近くにある愛鷹山(あしたかやま)の通称。三番の茄子は、江戸時代初期には駿河の国で早出し栽培されており、初物は特に高価だったのであげたといわれています。

また、縁起の良いものを挙げた「富士は広大、鷹はつかみ取る、茄子は成すに通ずる」、あるいは、「富士は不死、鷹は高、貴と通じて出世栄達、茄子は実がよくなるので子孫繁栄」などという説もあります。

参考文献

『日本国語大辞典』(小学館 発行)
『富士山の単語帳』(世界文化社  発行)
『故事ことわざ辞典』(三省堂 発行)

 

質問(2)

1月2日、3日に箱根駅伝が行われたが、10月に行われる出雲駅伝はいつから始まったのか。

回答

出雲駅伝は1989年(平成元年)に旧出雲市で始まりました。当初は「平成記念出雲くにびき大学招待クロスカントリーリレーフェスティバル」として開催され、次走者への引継ぎはタスキではなくボディタッチで行われました。第6回から現在の「出雲全日本大学選抜駅伝競走」に変更し、現在に至っています。

今では「全日本大学駅伝対校選手権大会」、「東京箱根間往復大学駅伝競走」とともに日本3大大学駅伝の一つとして認知されています。

参考文献 『出雲駅伝20年史』(出雲全日本大学選抜駅伝競走組織委員会 発行)
『出雲駅伝30年史』(出雲全日本大学選抜駅伝競走組織委員会 発行)